インプラント

インプラントを検討している方へ

インプラントとは、アゴの骨に穴を開けて人工の歯根を埋め込む外科手術です。

歯周病や虫歯、また事故などにより歯がなくなった方、自分の歯でしっかりと噛みたいという方にインプラントは最適な治療法の一つです。

審美性がよく、自分の歯と同じように、固いものも違和感なく噛むことができるので、生活の質も向上させることができます。

インプラントのメリット・デメリットは下記の通りですので、参考にしてください。

インプラントの長所

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物を噛むことができる
  • 噛んだときに味や食感を感じることができる
  • 自分の歯と変わらないほど自然に仕上がる
  • 自分の歯と同じメンテナンスで大丈夫である
  • アゴを使ってしっかりと噛むことができる

インプラントの短所

  • 外科手術が必要になる
  • 保険外の治療になる

患者さんの疾病状況やアゴの状態により、ご希望の治療ができない場合もあります。まずは一度ご相談ください。

インプラントの治療法

インプラントの金額 350,000円+税(人工歯込)

インプラントの治療の流れ

口腔内の把握(今ある歯がどんな状態なのか骨の硬さや噛み合わせなど)
レントゲン検査(口腔環境や骨格の確認)
その他CTスキャンなどいろいろな検査を行う場合もあり
スケジュールや治療法、料金などを説明し、本人の同意が得られたらスタート

 

一時手術
歯茎を切開してアゴの骨を削り、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋入
(麻酔を使うので痛みはなし)
手術時間は1〜3時間程度(15分ほどで終了する人もいる)
入院の必要もなく、当日から普通の生活を送ることが可能

 

定着期間
インプラントがしっかりと定着するまでに3〜6ヶ月ほど時間をあける

 

二次手術
インプラントが定着したら、埋め込んだインプラントのネジ山を出し、仮歯を入れる

 

歯の型取りをし、人工歯を作る
二次手術の1〜6週間後に人工歯を被せて終了

治療後のメンテナンス

インプラントは耐久性に優れているので、長い間、自分の歯と同じように使用することができます。

ただし、周囲の歯肉が痛んでも、普通の歯のように自覚症状がないため、歯周病になる可能性があります。

インプラントを長期間使うためには、正しく歯を磨き、口腔内を清潔に保つ必要があります。

お口の中の健康を保つためにも、メンテナンスは4~6ヶ月に1回程度行いましょう。

電話番号

  • common_tel.png
  • メールでのお問い合わせはこちら